加藤諦三さんの名言集

北野武(ビートたけし)の名言集をご紹介しています!

北野武(ビートたけし)の作品はこちらです。

成功の秘訣があるとすれば、どこに行ってもトイレ掃除を実践していることぐらい。

赤信号、みんなで渡れば怖くない。

我々みたいなのが天才のフリをするためには、捨てなきゃいけないものがいっぱいあるんだよね。

昔から「運も実力のうち」なんて言葉がある通り、おいらも所詮人間の成功なんて運があるかどうかに尽きると思ってる。

勉強するから、何をしたいか分かる。勉強しないから、何をしたいかわからない。

30歳過ぎて、親を許せないやつはバカだ。

上に立つ人間っていうのは完全に孤独じゃなきゃいけないって思う。

友情とは自分の相手に対する気持ちだ。

世間では妙にありがたがっている部分もあるけど、若さって俺は大した特典ではないと思う。年齢は関係なくて、無茶をできるスピリットを持っているかが問題。

立派な師匠って言うのは、何百人もの弟子をみんな食わせた。芸人としてはやっていけないような奴まで食わせている。そういう師匠はやっぱりすごいと思うんだ。

仕事ができて、家庭でもいい父親なんてことはありえないよ。

「人生はカネとオンナ」ってはっきり言ってしまう。そうやって欲望に正直に生きれば、日本人の顔も少しは活力ある顔に戻るんじゃないかな。

努力すれば、きっとなんとかなるって、そんなわけないだろう。一生懸命やればなんとかなるほど世の中甘くないってことは、親とか周囲の大人が一番知ってんじゃねえか。必死にやってもうまくいくとは限らなくて、どうにもならないこともある。それが普通で当たり前ってことの方を教えるのが教育だろう。

生死の境をさまよった事故以来、生きることに対する執着なんかなくなったね。お笑いでも映画でも評価が上がったのは事故の後だからね。

努力ってのは宝くじみたいなものだよ。買っても当たるかどうかはわからないけど、買わなきゃ当たらない。

成功の秘訣は、いちばんになりたいものじゃなくて、その人にとっては二番目か三番目の、違う仕事に就くこと。自分にはもっとやりたいことがあるんだけど、今すぐにそれをできる能力はないから違うことをやってます。それくらい自分を客観的に見られるやつの方が、成功する可能性が高い。

自分の子供が、何の武器も持っていないことを教えてくのは、ちっとも残酷じゃない。お前にはその才能がないんだと、親が行ってやるべきなのだ。

変な言い方だけど、自分のために死んでくれる人間が何人いるよりも、そいつのためなら命をかけられるって友達が一人でもいるほうが、人間としては幸せだと思う。

人は何か一つくらい誇れるものを持っている。なんでもいい、それを見つけなさい。

あの事故でわかったことは、運命なんてものは、自分でどうにか動かせるものじゃないということ。どんな運命がまっていようと、それをそのまま受け入れるしかない。

いまのたった今の時点で努力していない奴らは死ぬときに必ずオロオロするんじゃないのかって思う。それまで何もやってきていないんだから。なにひとつ自分に満足していないんだよね。ダメなやつは。じゃあお前はどうだって言われると、いったい何をしてきたんだろうかって考えると、もう愕然としてくる。強烈なんだ、その問いかけは。どんなに素晴らしい人でも、それは誰にでも当てはめて言えるわけだし、これをしてきたって言える人間はいない。やればやるほど、人間は抜けた部分に気づく。だからやっぱり、人間自分の目の前にあることを一生懸命にやるしかない。


北野武(ビートたけし)の作品はこちらです。