加藤諦三さんの名言集

タイガー・ウッズの名言集をご紹介しています!

タイガー・ウッズの作品はこちらです。

ゴルフにも、人生にも近道なんてないんだ。一生懸命、努力するしかないんだよ。

巻き返すのに遅いことなんてない。

目標を他人から与えられていてはいけない。目標は常に自分の中から生まれてくるべきなんだ。

決して諦めないことだ。当たり前だけど、常に戦うこと。諦めたら、もうその先の道はないんだ。

できる限りのことをしている。しかし、時には自分の思うようにならない。物事とはそういうものなんだ。

どれだけ上手くなったとしても、上手くなる余地は常にある。それが面白いところだね。

たとえ劣勢にあっても逃げないこと。たとえどんなに負けていても、自分は勝てるといつも信じなくてならない。

数年前は歩くことも座ることも出来ない。横になることも何も出来なかった。幸運にも腰の手術によって普通に生活できるようになった。それからもう一度クラブを握ってスイングができると分かったんだ。

そこに一緒に座って、何時間か話す。それが、二人の間に信頼と尊厳を築く方法だと思う。

他人の期待には、別に耳を傾けなくていい。あなたの人生なのだから、自分自身の期待に答えればいいんだ。

嫌なことは10歩歩けば忘れる。

勝ちたいから全力を尽くすことに集中する。一番の敵は自分の中の焦りだ。

努力を継続した分だけの結果が出る。一生懸命、努力すれば最高の結果が期待できるんだ。そして忘れないでほしい、ゴルフを「エンジョイ」することを。

勝つことは常に、上達していることの指標であるわけではない。

上達するためには、過去を振り返らなければならない。

君ができる唯一のことは、それで得た経験から、良い点も悪い点も学ぶこと、そして未来に向けて挑戦すること。何が正しかったのか、何が間違っていたのか、そして私は今週も多くの正しいことと思えることをしてきた。

僕の中には、いつも闘争心があります。それは決してなくならないし、僕も決して諦めない、それは確かです。たとえ劣勢にあっても、逃げないこと。たとえどんなに負けていても、自分は勝てると、いつも信じなくてはならない。自分自身を信じなくてはいけないんです。そして正直に本音を言えば、それほど大勢の選手がそう信じているわけじゃないし、不安を感じることもあるでしょう。僕も前はそうだったし、そういう時はプレーもうまくいきません。でも、何度か試練をくぐりぬけ、学び、成長すると、自分を信じられるようになるんです。

セラピーで、精神生活とプロの生活のバランスの大切さを学んだ。バランスを取り戻さないといけない。仏教では欲深さは不幸を招き、無益なものであるとされている。その教えから学ぶことで私は衝動を抑えられるようになり、自制できるようになった。

特別なルールで生きてる訳じゃないよ。僕も皆と同じ境界線のなかで生きている。

ほどんどの人は間違った事をしてしまったことや、ネガティブなことを気にする。僕もそうだ。でも正しいことをしてストレスを感じたほうが良い。ポジティブな観点から物事を見たい時は、ただポジティブさが足りていないだけだから。

失敗することは問題ないんです。失敗したからといってあなたが否定されているわけではありません。問題なのは、あなたが失敗にどう対処するかです。あなたは打ちのめされてふさぎ込みますか、それとも打ちのめされて強くなりますか?最後には勝てると思ってください。次ではないかもしれません。少し時間がかかるかもしれません。それでもあなたは最後には勝つんです。

明日が最も素晴らしいのは、今日よりももっとよくなれることだ。後退などということはあり得ない。今日学んだ教訓を明日に活かし、明日はもっと良くなるのだ。


タイガー・ウッズの作品はこちらです。