加藤諦三さんの名言集

ナポレオン・ヒルの名言集をご紹介しています!

ナポレオン・ヒルの作品はこちらです。

人が熱意を持って考え、できると明確に信じたことはすべてが実現できる。

失敗は皮肉で狡猾な手品師のようだ。あと少しで成功というときに失敗でつまずかせることに大いなる喜びを覚えるのだ。

チャンスを見つけるか、それとも限界に目を奪われてしまうのか、それはあなた次第です。あなたのものの見方にはあなたの心構えが映し出されます。

人間のあらゆる行動の中で一番無駄なのは心配をすることです。心配したところで何も解決しません。

偉大な勝利は、完全に諦めた、次の瞬間にくる。

万物の中で唯一永遠なのは「変化」だけです。情報化社会で成功する人とは、変化に抵抗するのではなく、変化を予期しそれを進んで受け入れられる人です。

他人の利益を図らずして自ら栄えることはできない。人は受けるより与えることの方がもっと幸せなのである。

敗北感に打ちのめされている時は、一歩引いて自分の敗北について考える余裕はないでしょう。

しかし、無気力に落ちいってはいけません。心を奮い立たせ、本当の願望が何であるかを思い出し、精神力と希望を維持するために行動することが大切なのです。

人生において酸っぱいレモンを授かっても不平を言わず、レモネードを作って、不正を言い過ぎて喉が乾いている人に売りましょう。

明確で具体的な目標とその達成のための計画がないと、何もないところですべての意思決定を行わなくてはなりません。明確な目標を持つことで、計画に結びついた具体的な行動をとることができるようになるのです。

愛を引き寄せるものはたった一つしかありません。それは「愛」です。そして「本物の愛」は、あなたから与えなくては受けることができません。

諸君の精力と思考とを、自分の使命に集中させよ!なすべきことを、とことんまでやりぬけ。あらゆる改善をし、あらゆることに精通し、なすべき仕事を完璧にマスターせよ!

逆境には必ずそれよりも大きな報酬の種が隠されているものだ。

協力とは、愛や友情と同じく、与えることで得られるものである。

問題に焦点を当てるのではなく、解決法に集中しましょう。そして行動を起こしましょう。

しゃべりすぎる人間には無能な人が多いものである。もしあなたが、聞くことより多くしゃべるタイプの人であるならば、あなたは情報を集めるどころか、人にあなたのアイディアを盗まれてしまうことになってしまうだろう。

「私はできる。」そう思った人が結局は勝つのだ。

失敗は、自分が失敗と認めない限り、存在しないのです。また、敗北はあなたが諦めてしまわない限り、一時的なものにすぎないのです。

ポリシーや計画性のない人間は、いかなる場合にも安易な道を選び、同じ過ちを何度でも繰り返す。

すべての事柄には原因があり、それぞれにふさわしい結果がもたらされるのです。あなたが幸運か不幸かということは、状況そのものよりも、状況に対するあなたの対応に左右されます。

人間には、問題しか目に映らない人がいる一方で、チャンスを見出す人がいます。チャンスを見いだせるように自分の心を訓練すれば、毎日が利用しきれないほどのチャンスで溢れていることに気づくでしょう。

成功にリスクはつきもので、あなたの時間、お金、努力をそそいでやってみることが必要です。目の前のチャンスを思慮深く分析することは大切ですが、臆病な気持ちにかられて尻込みしてはいけません。

人間は、優れた仕事をするためには、自分ひとりでやるよりも、他人の助けを借りる方がよいものだと悟ったとき、その人は偉大なる成長を遂げるのである。

変動する状況に対する柔軟な計画を持った決意の固い人は、最後に勝つのです。

もし自分の思考や感情をコントロールすることができないならば、行動をコントロールすることも不可能だ。

消極的思考の人は消極的思考の人しか引き寄せませんし、積極的思考の人は積極的な考え方をする人が引き寄せられます。ひとたび成功すると、次から次へと成功し続けます。

ひとたび習慣を身につければ、次は習慣があなたを動かすようになる。

あなたが幸福になろう、成功しようと決めれば、幸福と成功をみつけることができます。しかしその逆の行動をすれば、人生における困難があなたを探しにやってきてしまいます。

幸福と成功を願いましょう。

最初の計画が失敗したら、次の計画で勝負したらいい。

大多数の人間が失敗するのは、失敗した計画に勝る新しい計画を立てるだけ粘り強さに欠けるからである。

私達は、大好きな仕事をしているとき、報酬以上の仕事をすることに少しの苦痛も感じない。

自分が好きでやった仕事はけっして無駄にはならないことを私は強調しておきたい。質や量の点において、報酬以上の仕事をした人には、遅かれ早かれ、仕事をした以上の報いがあるということも。

人間には挫折や失敗はつきものである。問題は、そこから教訓や成功の糧を引き出せるか否かである。

もし偉大なことができないのならば、小さなことを偉大なやり方でやりなさい。

もしあなたが忍耐力に欠けていると思うなら、その原因はあなたの望みにある。もっとあなたの望みの炎を燃え上がらせて、大きなものとすることにより、忍耐力もそれに比例して強くなるものだ。

愛しすぎると傷つくかもしれない。だが愛さなすぎると惨めな暮らしをすることになる。

今あなたが立っている場所から、今持っている馴染みの道具を使って始めなさい。

より良い道具は、あなたが進むにつれて現れるだろう。

自分の目的地を承知し、それを行動で表せる人に、世の中は席を空けてくれる。

明確な目標や願望を持たない人に、成功はあり得ない。失敗の最大の原因は「明確な人生目標の欠如」にある。

悲しみは、魂を高める災いではない、幸いである。

不幸や不運などには実体がない。それは人の心の中にのみ存在する。

自分の幸福を他人に分け与えるという、すばらしい手段を身に着けていない人は、幸福を長続きさせる本当の道を、まだ知らない人である。

あなた自身の人生と、成功者たちの人生を注意深く観察してみると、最高のチャンスは、逆境の時に訪れると気づくはずです。

目標を立てることほど、ダイナミックで建設的な生き方はない。

「そんなことは、できるわけがない」と言う人は、コツコツとそれに励む人に脱帽することになるのである。

どんなことにも報いがやってくる。人生は「代償の法則」で動いている。

潜在意識は、良い考えも悪い考えも同じように受け入れる。

チャンスは、不運や一時的な敗北という姿に化けてやってくることがある。

富を分かち与えると、よりいっそうの多くの富を得るようになる。

人の脳は電源のようなもので、消耗したり切れたりすると、落胆したり、気落ちしたり、元気がなくなる。人の脳は再充電が必要だが、そのためには活力ある心と接触するのがよい。

願望を富に転換するには、深層自己説得の力を利用せよ。

人生には悩むほど価値の在るものなどなにもない。

今から私は、旅の途中で出会う敵の名を挙げよう。それは必ず倒さなければならない敵だ。その最たるものは「恐怖」である。

最も優れた人は、万人の召使いにもなれる人である。

放棄する者に勝利は無い。勝利者は決して諦めない。


ナポレオン・ヒルの作品はこちらです。