加藤諦三さんの名言集

孫正義の名言集をご紹介しています!

孫正義の作品はこちらです。

苦しいときこそ、船と仲間を命がけで守れる人でなければ、大将になってはいかんのです。

試練なんて黙っていてもやってくるものなんです。

口に出して紙に書いてコミットすること。それは成功の近道。

本当の勇気は周到な用意の元に生まれる。用意のない勇気を蛮勇という。

私は小学生時代、多くのことを学びました。人を命令で従わせるのではなく、目的を共有しながら同志的に結びつくことも。

男は賢いだけではダメだ。時には馬鹿にならないと。

前向きに悩むこと。それが成長の第一歩。

他の人間にできることならば、同じ人間である僕にできないはずはない。僕はそう思うんです。

相手に得をさせれば、私を味方だと思ってくれる。そうすれば、その後の話がまとまりやすくなり、私も得をする。

全ての試練は、成長のための階段だ。登り続けるしかない。

己の人生の良し悪しは己の行為で決まる。決して他人のせいではない。

義と利が対立したときは義を取り、義と義が対立したときは大義を取る。

難題に遭遇しない人は、自分の可能性に挑戦していないのかもしれない。

最初にあったのは、夢と根拠のない自信だけ。

負ける戦いはしない。負けるだろうという戦いはもちろん、負けるかもしれないとか、苦戦するだろうという戦いは最初からしないことです。

成功する者と失敗する者の違いは、頭の差より性格の差の方が大きい。

どうしようもなく哀しい時は泣くしかないですよね。そんな時は泣きましょう。思いっきり泣いて泣き濡れましょう。泣きつかれたら新しい人生を生きましょう。

リーダーが持つべき3つポイント「理念、ビジョン、戦略」この3つを持っていないリーダーにはついていくべきではない。これが僕が日本の学生諸君だとか、サラリーマンの人たちに言いたいこと。

雨と晴れは必ずやってくる。大切な事はその両方を幸運だと捉える心構えだ。

闇雲に攻める前に、全体を捉えるべきです。まずはじめに、どこで世界一になるのか方向性を定めなければいけません。どの分野で事業をするかで、将来の半分は決まります。ナンバーワンと組むことに成功すれば、黙っていても全てがうまくいきます。

私は自分の人生は波乱万丈ではあるけれど、やってる本人にしてみれば面白くて仕方がない人生だと思っています。

命をかけられる仕事と同志たちに巡り会えた事、それだけでも幸せだ。

人生には課題が多い。それらを乗り越える気力のないものはリーダーになる資格なし。

全ての人がリーダーになる必要はない。しかし、己が信ずるリーダーを間違ってはならない。

悲劇や事件は、人生のスパイスだ。乗り越えた時の喜びをドラマティックにしてくれる。

やり抜くこと。それが成功への一番の近道。

現状維持は相対的に退化。それは他の人類が進化し続けるから。

挑戦できるテーマが見つかれば人は元気になれる。

今日出会う人物や景色は人生で二度とないと想うと全てを愛しみたくなる。

動きはエネルギーを生む。

常に道は在る。仕方ないとか難しいとかいう言葉を言えば言うほど解決は遠ざかる。

究極の自己満足は人に喜んでもらうことです。

怒るのは自分の知恵の足りなさを認めるようなものです。

失敗を恐れずに様々な手段を次々に試していれば必ずどこかで当たります。

自分自身を説得できるかどうかが成功の第一条件。

うまくいかなくてもやったことは全部、将来の自分のプラスになります。

近くを見るから船酔いするんです。100キロ先を見ていれば景色は絶対にブレない。ビジョンがあれば、少々の嵐にもへこたれません。

自分がこの世に生まれてきて何か志したものがあったなら、それをトコトンつきつめていって完全燃焼できるような人生を送りたい。

自分の持った夢の大きさに人生はおおむね比例する結果になる。

成功するための唯一の違いはその熱意の差。

現実が厳しいからこそ、自分の夢を自分の人生に対するビジョンをしっかり持つべきだと思う、志高く!

全ての人は、出会いと別れを経験する。大切な事は、それを受け容れる心構えだ。

暗記3割、思考7割にすべきだと思う。

度胸というものは、捨てても構わないという覚悟と、打開できるという自信から生まれる。

人生には、何度か迷わず投資しなければならない時がある。

一人ででも世を一新させてみせる。そのくらいの志を持てば大概の困難は小さな物に見えてくる。


孫正義の作品はこちらです。