加藤諦三さんの名言集

スティーブ・ジョブスの名言集をご紹介しています!

スティーブ・ジョブスの作品はこちらです。

Stay hungry. Stay foolish.ハングリーであれ。愚か者であれ。

毎朝、鏡の中の自分に問いかけてきた。「もしも今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることをやりたいと思うだろうか?」と。NOと答える日が何日も続くようであれば、何かを変えなければならないということだ。

未来を見て、点を結ぶことはできない。過去を振り返って点を結ぶだけだ。だから、いつかどうにかして点は結ばれると信じなければならない。

何か一つのことが上手くいったら、そこにいつまでも留まらずに、別の素晴らしいことをやるべきだ。次にするべきことを見つけろ。

仕事は人生の大部分を占める。心からの満足を得る唯一の方法は、素晴らしいと思える仕事をすること。そして素晴らしい仕事をするには、自分がやっていることを愛することだ。

それがまだ見つかっていないのなら、探し続けなければならない。安住してはならない。

顧客はより幸せでよりよい人生を夢見ている。製品を売ろうとするのではなく、彼らの人生を豊かにするのだ。

結局、僕らが持っている一番貴重な資産は、お金ではなく時間なんだよ。

シンプルにするっていうのは、複雑である事よりずっと難しいんだ。

成功する起業家と失敗する起業家を分ける要素の半分は、純粋に忍耐力であると確信している。

やってきたことと同じくらい、やらなかったことにも誇りを持っている。イノベーションとは1000のことにノーと言うようなものだからだ。

優れた芸術家はマネをし、偉大な芸術家は盗むとピカソは言った。だからすごいと思ってきたさまざまなアイデアをいつも盗んできた。

安全にやろうと思うのは、一番危険な落とし穴。

どんなマーケティングでも、駄作をヒットさせることはできない。ベルは、電話を発明する前に市場調査などしたか?

過去ばかり振り向いていたのではダメだ。自分がこれまで何をして、これまでに誰だったのかを受け止めた上で、それを捨てればよい。

成功を収めた時、用心しなくてはいけないのは傲慢(ごうまん)。

昔を振り返るのはここでやめにしよう。大切なのは明日、何が起こるかだ。

即戦力になるような人材なんて存在しない。だから育てるんだ。

何を捨てるかで誇りが問われ、何を守るかで愛情が問われる。

終着点は重要じゃない。旅の途中でどれだけ楽しいことをやり遂げているかが大事なんだ。

時間を自分の経験に投資すると負けることはあり得ない。

多くの人はお金儲けの為に会社をはじめますが、そうやって成功した人は多くはありません。

実際に成功するのは会社どうこうでなく、ただ世界に向けて表現したいことがある人達です。

成功と失敗の一番の違いは途中で諦めるかどうか。

新しいことを始める時に一番大切なことは、それを成し遂げたいという情熱です。

自分が世界を変えられると本気で信じている人こそ、本当に世界を変えている。

人となりは、その人のヒーローが誰かでだいたいわかる。

ベストを尽くして失敗したら、ベストを尽くしたってことさ。

偉大な大工は、誰も見ないからいって、床裏にひどい木材を使ったりはしない。

失敗を覚悟で挑み続ける。それがアーティストだ。

フォードだって苦しんだ時期があった。何でもする。便所掃除だってするさ。

あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマにとらわれてはいけない。ドグマとは・・・「独断・偏見的な説や意見」、「教条主義」、「宗教上の教義・教理」それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。

他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかきけしたりすることのないように。最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持たなければいけない。それはあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次でしかない。

オーケー、誰も助けてくれないなら、自分たちでやるまでだ。

毎日を人生最後の日だと思って生きればいつか必ず何か成し遂げられる日は来るだろう。

人はいつかは死ぬ。それを覚えておくことは、失うことなど何もないことを気づかせてくれる最良の方法だ。

誰もが、今この瞬間が未来に影響を及ぼす一瞬であることを知っている。


スティーブ・ジョブスの作品はこちらです。