加藤諦三さんの名言集

ウォーレン・バフェットの名言集をご紹介しています!

ウォーレン・バフェットの作品はこちらです。

大事なのは、自分が好きなことをとびきり上手にやること。お金は副産物にすぎない。

私は事業家であるがゆえに、より良い投資を行うことができる。そして、私は投資家であるがゆえに、より良い事業を行うことができる。

分散とは無知に対するリスク回避だ。だから勝手知ったる者にとって分散手法はほとんど意味をなさない。

尊敬できる人のもとで働きなさい。

信頼できるもの、そして、10年、20年、50年経ってもみんながほしいと思うものをつくっていく事業なのか。これが私が投資判断する上での基準であります。

我々は決して後ろを振り向かない。我々の頭に浮かぶのは多くのものが待ち受けている未来だけだ。ああしておけばよかったとくよくよ考えても、過去を変えられるわけではない。あなたは前を向いて生きるしかないのだ。

大切なのは未来です。投資対象企業が今後どのような道を歩むのか、長期的な事業リスクに着目し、いかなる競争環境に置かれていくか見極めることが重要です。

注目すべきは、株価ではなく、事業そのものでなくてはなりません。

たとえ証券取引所が10年間閉鎖されることがあっても喜んで持ち続けたい銘柄だけを買いなさい。

非常に素晴らしい事業には、耐久性の高い「堀(参入障壁)」があります。

永続的な成功を可能にするためには、低コスト構造を達成している業者、あるいは世界的なブランドを持つ業者が持つ強力な防壁が欠かせません。

乗り込んだ舟が慢性的に浸水していると気づいた時、より前向きな対処法は浸水部をふさいでまわるより、舟を乗り換えることだ。

近視眼的な投資では理性を失い、結果としてお金と時間を失う。

時代遅れになる原則は、原則ではない。

リスクとは、自分が何をやっているかよくわからない時に起こるものです。

並外れたことをしなくても並外れた業績を達成することはできる。

胴元にとってよいことは、顧客にとってよいことではないことを投資家は理解すべきです。

ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2:絶対にルール1を忘れるな。

本当に重要なことだけを選んで、それ以外には「ノー」と断ることも大切だよ。

人を雇う時は、正直さと知性、エネルギーという3点に着目せよ。と誰かが言っていました。そして、いくら知的でエネルギッシュな人物でも、正直でなければダメだと言っていました。

辛抱強さや冷静さは、知能指数よりも重要かもしれないと私は思っています。※財務諸表を読みこなす力、ある程度の情熱、辛抱強さ、冷静さ。この4点が大事といっています。

周囲の人からそれなりの評判を得るには、20年かかる。だがその評判は、5分で崩れることがある。そのことを頭に入れておけば今後の生き方が変わるはずだ。

たとえ、法的には問題がなくても、普通の市民の立場から見ておかしいと思われる行動は一切とらない。

自分から始めないかぎり成功はあり得ない。

常に心身を鍛錬しなさい。けして心身の手入れをおこたらないようにしなさい。じっくり時間をかければ、あなたは自らの心を強化することができる。人間の主要資産が自分自身だとすれば、必要なのは心身の維持と強化だ。

成功とは、いいと思うものを得ること。幸福とは、得るものをいいと思うこと。

秘訣は、することがないときには何もしないことだ。

ウォール街の常ですが、賢い人間が始めたことを、愚かな人間がやりだしたらもうおしまいなのです。

ビジネスの世界で最も危険な言葉は、5つの単語で表現できます。「Everybody else is doing it」(ほかの誰もがやっている)です。

熱意こそ抜きん出る対価です。

人生で一番重要な仕事は、子供を育てることです。

他の人が強欲になっているときは怯え、他の人が怯えているときだけ強欲になりなさい。

ルールブックよりも文化のほうが、組織の立ち振舞かたを決定づける。

使った後に残ったものを貯蓄するな。それよりも、貯蓄した後に残ったものを使いなさい。

誠実さは非常に高価な贈り物だ。安い人々にそれを期待してはいけない。

ビジネスの世界で最も成功しているのは、自分の好きなことをやっている人だ。

あなたができる最も重要な投資とは、あなた自身への投資だ。

株式市場は、活動的な人から辛抱強い人へお金が振り込まれるように設計されている。

邪悪な人間と組んでうまくいったためしはない


ウォーレン・バフェットの作品はこちらです。