加藤諦三さんの名言集

リーガルハイの名言集をご紹介しています!

リーガルハイの作品はこちらです。

古美門「ワガママで勝手でずるくて汚くて醜い、底辺のゴミクズ共。それこそが我々人間だ。羽生「だから…だから、それを導こうと!」古美門「それが違うんだよ。まずそこから降りろ。自分も底辺の醜いゴミクズの一匹であることを自覚しろ。」古美門「もし君が、皆が幸せになる世界を築きたいと本気で思うなら、方法は一つだ。醜さを愛せ。」

金と権力は表裏一体。金を集める者が力を持つんだ。なぜ分かるか?人は、金のある所に集まるからだよ。

人、という字は、、、一人の人間が、両足を踏ん張って大地に立っている姿の象形文字です!!

成功は欲望を呼び、欲望は破滅を呼ぶ。

金が全てではない?金なんですよ。あなた方が相手に一矢報い、意気地を見せつける方法は、奪われたものと、踏みにじられた尊厳に相応しい対価を勝ち取ることだけなんだ。それ以外にないんだ!

誰にも責任を取らせず、見たくないものを見ず、皆仲良しで暮らしていけば楽でしょう。しかしもし、誇り在る生き方を取り戻したいのなら、見たくない現実を見なければならない、深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない、戦うということはそういう事だ!愚痴なら墓場で言えばいい!!

絶対に勝て!勝つべし!勝つべし!勝つべし!勝つべし!もし負けたら、逆さ吊りにして醤油樽に漬け込むからなぁ!

我々は神ではありません。この私も含め、愚かで感情的で、間違えてばかりのちっぽけな生き物です。そんな人間に人間をさばくことはできるのでしょうか。いいえできません。

君が正義と抜かしているものは上から目線の同情に過ぎない。その都度、目の前のかわいそうな人間を哀れんでいるだけだ。

人間は長い年月飼い慣らされると、かくもダニの様な生き物になるのだよ。

この国では、世間様に嫌われたら有罪なんです。法治国家でもなければ先進国でもない。魔女を火あぶりにして喜んでいる中世の暗黒時代そのものだ!!

やられてなくても、やり返す。見に覚えのないやつにもやり返す。誰かれ構わず八つ当たりだ!!※半沢直樹のパロディですね。半沢直樹はTBS、リーガル・ハイはフジテレビでしたけど(笑)

金儲けしようとか考えずに、とにかく夢中になってやってみることじゃないかな。人は夢中になれるものがあるだけで幸せなもんだよ。

曖昧にすることに何の意味がある?キレイな言葉を並べて許しあったところで、現実は何一つ変わらないんだよ。我々にできることは、徹底的にぶつかり合わせ人生にケリをつけさせてやることだけだ!

真知子、厳しい環境で生き抜いてこそ、大輪の花・・・。あぁ、そうか、そういう意味か!真知子、お前は一輪のエーデルワイスになるんだ。※この回の前半で服部さんのエーデルワイスの話がありました。

天才に常識を求めますか?ヘドがでる。ダビンチ、ゴッホ、ピカソ、北斎、手塚。彼らの職場に労働基準法があったと思いますか?王様と奴隷でなにが悪い?みんな平等、みんな仲良しで、天にそびえるピラミッドが作れるわけがない。天才のもとで働こうとしたなら、地獄をみる覚悟をするべきだ。そして耐えられなかったのなら、黙って去れ。非常識で横暴で自己中心的。しかし、人類の宝のような作品を産み出す。

そもそも才能なんてものはな、自分で掘り起こして作り上げるものなんだよ!俺だって、天才なんかじゃない。誰よりも必死に働き、階段を一つ一つ踏みしめてきただけだ。振り向いたら、誰もついてきてない。怠けた連中が、麓でこうつぶやく。あいつは天才だから。冗談じゃない!ゆとりで育ったのんびり屋どもが、本当に嫌いだ。俺よりも時間も体力も感性もあるやつが、何で俺より怠けるんだ!だったらくれよ。無駄使いするんだったら、俺にくれ。もっともっと作りたいものがあるんだ。

旅人のコートを脱がすのは、北風ばかりではありません。

本当の悪魔とは、巨大に膨れ上がった時の民意だよ。

この私も含め、愚かで感情的で間違えてばかりのちっぽけな生き物です。そんな人間に、人間をさばくことは出来るのでしょうか?いいえ、できません。だから、人間になり代わり、法が裁くんです。どんなに怪しかろうと、どんなに憎かろうと、一切の感情を排除し、法と証拠によってのみ、人を裁く。それこそが、我々人類が長い歴史の中で手に入れた、法治国家という大切な大切な財産なのです。


リーガルハイの作品はこちらです。