加藤諦三さんの名言集

小林正観の名言集をご紹介しています!

小林正観の作品はこちらです。

合計5万回の「ありがとう」を言うと自分にとって嬉しい奇跡が起き始める。ちなみに5万回のありがとうを一年に1日ずつ言葉にすると「約137回」になります。1日137回(1日16時間起きていると仮定するなら1時間に約9回)のありがとうを言うだけで一年で人生に奇跡が起きるなら結構簡単かもしれませんよ♪

淡々と過ぎていく普通の毎日が幸せの本質です。

人間の生きる目的とは「頼まれごと」の人生を送ること。すなわち「人に喜ばれる存在」になること。

「そ・わ・か」の法則。「掃除」「笑い」「感謝」。

幸せとはお互いに「してあげあう」事を言うのです。

あれが欲しい、こうしたい、こうなりたいという思いが強ければ強いほど「苦」は大きくなります。悩み苦しんでいる人ほど強い思いを抱いているものなのです。

自分の口から出てくる言葉を肯定的で喜びに満ちたものにすることです。

人間の欲望、欲求、執着には際限がありません。足るを知る。これに気が付かない限り、人間が幸せになることはないでしょう。

周りを豊かにしてあげようと思う心こそが自分自身を豊かにするのです。

悩み、苦しみ、苦悩、煩悩とは、何かを自分の思い通りにしようとした瞬間に生まれるのです。

人生は自分が書いたシナリオ通り。それが納得できるとやってくる現象一つ一つに対して、あれこれ批評や文句を言わなくなります。

人間がほんとうに心の底から幸せを感じられるのは喜ばれたときです。

病気が治った人の共通点は「病気になってよかった」と思った人。

戦わないで争わないでいると敵がいなくなって「無敵」になる。

今、目の前にいる人、目の前にあることが重要。

誰もが怒るようなとき、イライラするようなときに、ニコニコして穏やかでいられるか。

それがその人の本当の価値を決める。

死ぬまでのあいだにどれほどの人に喜んでもらえるか、ひたすら考えるだけなのです。

力を抜いてリラックスした者が勝ちます。

人生の岐路に立つ悩み、答えはどちらでも良い。

「優しさ」「厳しさ」「明るさ」が人格の三要素。「人に優しく」「自分に厳しく」「希望や展望を失わず」「寛容」に「謙虚」に「前向き」に。

一秒目:過去の全てを受け入れる。二秒目:現在の全てを受け入れる。三秒目:未来の全てを受け入れる。

「溺れたくない、泳ぎたい」と思っているとなかなか浮かばず沈んでしまう。けれども全身の力を抜き、「もう好きにしてくれ」と流れに身を任せた瞬間に浮かぶこともある。

自己顕示欲、復讐心、嫉妬を持つ人は人を遠ざけてしまう。

人生は努力するものでも、頑張るものでも、地位や名誉を手に入れるものでもなく・・「楽しむもの」である。

大変だという時は大きく変わるチャンス。


小林正観の作品はこちらです。