加藤諦三さんの名言集

辻仁成の名言集をご紹介しています!


息子よ、十ヶ条。苦しい時は微笑んでごらん、悲しい時は空を見上げてごらん、頭にきた時は横になってごらん、悔しい時はバネにしてごらん、苛立つ時は力抜いてごらん、虚しい時は人を笑わせてごらん、落ち込んだ時は走ってごらん、辛い時は一度やめてごらん、寂しい時は鍵あけてごらん、死にたい時は生きてごらん。

周りは全て敵だという考え方がキミを孤立させている。孤立は疎外されてるということだ。周囲を荒野だと思え。荒野を一人孤独に分け入ってるんだと考えたらいい。孤独はつるまず自ら一人で行く道だから、荒野は開拓されいずれそこは草原にかわる。敵を味方にしてこその勝利だ。

今日は無難に過ごし明日に備えたらよか。無理は元気なときにしなさい。

心が震えたら憚らず泣けばいい。涙が邪気を外に流してくれる。嬉しければ笑いなさい。笑いが悪い気を外に吐き出してくれる。素直に感動できる自分でいたい。感動したら残念無念が逃げていくよ。溜めないで流してしまえ。一切合切吐き出してしまえ。

一人の時、本当は父ちゃんも悩んでる。正直なところ、いかん潰れそうだ、と毎日焦ってる。でも息子が学校から帰って来たら、また頑張る父ちゃんに戻ってる。人を励ますことで、実は折れそうな自分をも励ましている。

「無理だ」という言葉をそのまま受け止めたら人間はみんなそれ以上にはならないよ。人に「無理だ」と言われる度にワクワクするくらいが丁度いい。「無理だ」と思ったらそれがキミの限界だ。息子よ、大人は若者を鋳型にはめたがる。大人しいと書くだろ。キミはまだ大人しくなる必要なんかない。無限でいけ!

後悔だけはすな。好きに生きて好きに死ね。それが人生だ、と肩を叩く。自由にやれ、と言われると人間はみな悩む。好きに生きることほどの大変はないからだ。自らを由しとするのが自由だ。

逃げろ。逃げなさい。逃げてよか。人生は長い。いちいち全部を相手にする必要はなか。相手にしちゃいけん。逃げることは負けじゃなか。そもそも戦う土俵はそこじゃなか。対戦相手が違う。ムダなエネルギーは使う必要はなか。体力は温存させて寝とき。

昔嫌な思いさせられたことをいまだに思い出していまだに頭にきていまだ引きずってるってことはその人にいまだ振り回されてるってこったい。思い出し怒りは未来を台無しにするけんね。サクッと忘れて、サクッと人生切り替えたらよか。サクッとね。

自分が犠牲になりゃこと荒立てないで済むとか甘いこと抜かしたらいけん。自分が幸せになったときにこそ周りも幸せになれったい。よかか、頑張った人が周りを牽引します。だけん遠慮せんでよか。我慢するな。犠牲になるな。まずは己の幸せ目指さんか。

死ぬまで生きなさい。どうせ生きるなら楽しく生きなさい。与えられた一生はお前のものだからお前には自分の人生を楽しく生きる権利があるとよ。死ぬまで精一杯生きなさい。たった一度の人生やけんね。誰にはばかることなく、生きてよかとよ。

悪口陰口ブーメランは結局、自分に戻ってくる。悪口陰口を誰かに届ける媒介になるな。そんあヒマはない。

幸せへと向かう本能だけは退化させちゃいかん。自分なんか、と卑下してたら幸せは逃げるぞ。

優越感しかない人間は成長せん。自己嫌悪は成長するきっかけ。

つまんないを変えちゃえ十箇条。1・そうだ、人生を少し変えちゃえ。2・やらされてるならやめちゃえ。3・嫌われたって自分を全面に出しちゃえ。4・いい人になるのやめちゃえ。5・変える道変えちゃえ。6・飲み仲間変えちゃえ。7・人間関係変えちゃえ。8・全部変えちゃえ。9・たまにはバカしちゃえ。10・自分のために生きちゃえ

なにがなんでもポジティブ十箇条。1・倒れてもただでは起き上がらない。2・過去は死ぬまで振り返らない。3・締め切りは必ず守る。4・目覚ましより先に起きる。5・一生精一杯生きたロック。6・辛い時こそ笑顔が似合う。7・合言葉は不屈。8・諦めるの不得意なんです。9・与えられた一生を貫徹したい。10・ただ一度の人生だ!。

打たれ強くなれ十箇条。1・夢は必ず言葉に。2・物事が重い通りにならないことを知っている。3・誠意と志は捨てない。4・一人も好き。5・必ず悪くいう人間はいる。6・打たれた時に成長は始まる。7・しくじりは過去を軌道修正するチャンス。8・敵を味方にしてこその勝利だ。9・あえて出る杭になれ。10・未来は自力で引き寄せる。

死にたい時の十箇条。1・死にたいと思うことはある。2・頑張って生きなきゃと思わない。3・先のこと考えず切に生きる。4・誰かに分かってもらう必要なし。5・生きるは義務じゃない。6・死ぬ気になれば生きられる。7・その命は有り難い。8・他人にはわかるまい。9・自分が自分を許せ。10・死にたいと思っていいから生きなさい。

自分を変えたい人の十箇条。1・新しいことに手を出さない。2・こだわり続けた意地を諦める。3・やってきたことでうまくいかないことを一つ思い切ってやめる。4・大掃除をして物を捨てる。5・携帯出来るだけみない。6・テレビ消す。7・悪友から離れる。8・しがみつかない。9・びっしりの約束を減らす。10・ゆとりを取り戻せ

思い通りにならない時の十箇条。1・それが世の常。2・思い通りにしたい気持ちは横柄。3・今がチャンスだ。4・思いを叶えるための第一歩。5・試されてる。6・眼の前のことに勤しむべし。7・思い通りにならないというネガティブはステさるべし。8・今のままではダメだ、悟るきっかけ。9・一旦離れてみてからの。10・再挑戦。

自分のために十箇条。1・嫌なら無理してやらない。2・気づかれする手前でやめる。3・自分を絶対犠牲にしない。4・使い捨ての道具になるな。5・利用されたらいけん。6・だれの人生かと自問する。7・後悔はここまで、もう必要ない。8・苦しむばかりが人生じゃない。9・とにかくひたすら眠ること。10・幸せになる権利がある。

親から子へ、生きる基本十箇条。1・協力しあって生きよう。2・挨拶はきちんとしよう。3・使ったものは片付けよう。4・相手の気持ちをおもいやろう。5・自分を大切にしよう。6・人の悪口はやめよう。7・元気いっぱい返事しよう。8・ウソはつかない。9・人にやさしく。10・いつも心にありがとう。

根拠のない「大丈夫です」にたまに救われる。「大丈夫、大丈夫」と言われると不思議なことに不安がきえてゆく。大丈夫って人間の底力を応援するおまじないなんだよね。

そういえば、ずっと息子に「大丈夫だから気にするな」と言い続けてきた。「大丈夫だよ、人間そんなにヤワじゃない」と言い続けてきた。「大丈夫、パパがついてる」と言い続けてきた。だから、あいつは大丈夫な子に育ったんだろう。これからも「ぜんぜん大丈夫」と言い続けてあげたい。