7月13日が誕生日の方、おめでとうございます!
貴方がこの日に生まれたことにはきっと大きな意味があります!

7月13日が誕生日の方の誕生石や誕生花、著名人、有名人、この日あったことをご紹介しています。何かのお役にたててくださいませ。

スポンサーリンク



7月13日の誕生石:クリソベリル


7月13日の宝石言葉:「ロマンチックなシグナル」
豊穣・実り・光輝を表わす石。精神と肉体を自分の理想に近づける効果のある石で、細胞の再生を促す力もあるため、怪我をした時に身につけるとよいパワーストーンです。

7月13日の誕生花:へびいちご


7月13日の花言葉:可憐
赤い実が、いちごのように見えます。ヘビがつくので毒を連想しますが、口にするとほのかな甘みが広がります。

7月13日の出来事


日本標準時制定記念日
勅令「本初子午線経度計算方及標準時ノ件」が公布された日。

7月13日生まれの著名人

ハリソン・フォード、関口宏、中森明菜、北斗晶、遠藤章造、鈴木紗理奈、道重さゆみ、能年玲奈

スポンサーリンク



7月の行事・イベント


七夕(7月7日)
土用の丑(7月19日 ・ 8月7日)
夏の土用には丑の日が年に1日か2日あり、2日ある場合はそれぞれ一の丑・二の丑となる。
夏休み

7月のイベントで準備しておきたいこと

本格的な夏がやってきます。花火大会や夏祭りでの浴衣や下駄、サンダルなどの準備、海やプールなどの水着の準備、お中元の予約、土用の丑の日(うなぎ・牛肉)の予約、七夕用の笹の葉の準備、高温が続くので日焼け止め、熱中症対策も必要となります。適度な水分補給と塩分の補給をお忘れなく。また、急な故障などに備えてエアコンのメンテナンス、買い替えなども検討しておきましょう。

子どもたちは下旬から夏休みがスタートします。学童保育や延長保育などの予約申請も必要になります。子供が夏休みに自宅で過ごす場合は、朝昼晩の食事が必要になります。レシピブックなどで対策しておきたいところです。

近年は台風、大雨、洪水、猛暑が当たり前になっています。避難グッズだけでなく、大雨対策豪雨対策もお忘れなく。また、夏フェスや花火大会、夏祭り、スポーツ観戦時の大雨豪雨による低体温症の発生も頻発しています。大雨や豪雨のことも見越して、着替え、雨合羽、折りたたみ用のレインコートなども準備しておきましょう。

子供さんの川遊び、海水浴ではライフジャケットをお忘れなく。また、川で遊ぶ場合は洪水情報などにも注意をしておきましょう。

夏のバーベキューで多く汗をかき、脱水症状、熱中症を起こす方もいます。夏のバーベキューでお酒を飲む方は、アルコールの飲み過ぎに注意しましょう。