8月を代表する誕生月の花と、8月の毎日の誕生花・花言葉をご紹介します!

【PR】気軽に季節の花のある暮らしを楽しみませんか?【ポストに届くお花の定期便】

8月の誕生花

向日葵(ひまわり)

花言葉:あこがれ・熱愛・あなたを見つめる・愛慕・光輝・敬慕・情熱

グラジオラス

花言葉:熱的な恋 ・忍び逢い・用意周到・たゆまぬ努力

8月の毎日の誕生花と花言葉

8月1日の誕生花:紅姫竜胆 エキザカム


8月1日の花言葉:貴方を愛します
紫色の小花を咲かせる。花には甘くほのかな芳香があり、最近は上品な趣の八重咲きも人気。

8月2日の誕生花:矢車草


8月2日の花言葉:「幸福」
端午の節句の鯉のぼりにそえる「矢車」に似ることから和名となる。花の咲く季節である初夏の情景や想い出を懐かしむ歌が「みんなのうた」で放送されている。

8月3日の誕生花:日々草


8月3日の花言葉:「友情」
初夏から晩秋まで次々に花が咲く。青春時代の若者が日々新しい経験と友情を育てていくことの様子とリンクする。

8月4日の誕生花:とうもろこし


8月4日の花言葉:「財宝」
初夏から夏にたくさん、きれいに並んでいる黄金色の実が財宝を表していることから。

8月5日の誕生花:紫露草


8月5日の花言葉:「尊ぶ」
紫色の花を多く咲かせる。紫は高貴なカラーであることと、一日で咲いてしぼんでも、また次々と咲いていくことから尊敬の意を表す。

8月6日の誕生花:のうぜんかずら


8月6日の花言葉:「名声」
夏にオレンジ色の花を咲かせる花木。ラッパのような形の花が、勝者を称えるファンファーレのラッパに似ていることから。

8月7日の誕生花:ざくろ


8月7日の花言葉:「円熟の美」
ローマ神話での、冥界の植物。冥界の女王、ペルセポネーを表現した花言葉で円熟の美しさ、完成された美しさを示す。

8月8日の誕生花:つつじ


8月8日の花言葉:「愛の喜び」
まばゆいばかりの赤い花を多く咲かせることに由来しているようです。

8月9日の誕生花:シスタス


8月9日の花言葉:「人気」
栽培は困難で、あまり馴染みのない花ことから希少性というイメージで人気になったようです。

8月10日の誕生花:ハイビスカス


8月10日の花言葉:「繊細な美しさ」
咲いたらその日のうちに枯れてしまうという性質を持つ「一日花」であることから。

8月11日の誕生花:紅花


8月11日の花言葉:「女の意地」
他には包容力、特別な人という花言葉もあります。

8月12日の誕生花:えぞよもぎぎく・タンジー


8月12日の花言葉:「婦人の美徳」
西洋では虫よけとして使われているタンジー。衆愚を寄せ付けない美しさと高貴さのイメージ。

8月13日の誕生花:カンナ


8月13日の花言葉:「情熱と快活」
真夏の暑さや日光にも負けずに強さと華やかな姿に、青春の情熱と快活をイメージします。

8月14日の誕生花:鹿子草


8月14日の花言葉:「適応力」
根及び根茎は薬用に用いられます。空地や土手などで育つことから適応力のイメージに。

8月15日の誕生花:ひまわり


8月15日の花言葉:「憧れ、高貴」
元気で前向き、太陽に向かって力強く咲くことから憧れの花言葉に。多くの種類があります。

8月16日の誕生花:待宵草


8月16日の花言葉:「物言わぬ恋」
宵になるのを待って黄色い花を咲かせる。宵を待つ人イメージです。

8月17日の誕生花:ベルガモット(松明花)


8月17日の花言葉:「感受性豊か、火のような恋、燃え続ける想い」
松明のような、花茎の先に球形の花が咲く。松明の炎が花言葉の中に秘められています。

8月18日の誕生花:立葵(たちあおい)


8月18日の花言葉:「熱烈な恋、野心」
葉が太陽の方に向かうことから、恋に前向き、希望や野心を胸に抱く人のイメージです。

8月19日の誕生花:酔仙翁(すいせんのう)


8月19日の花言葉:「誠実」
枝分かれした先端に一輪づつ花を咲かせる誠実さを感じる花です。

8月20日の誕生花:フリージア


8月20日の花言葉:「純潔」
南植物を発見したデンマークの植物学者エクロンが、親友のドイツ人医師フレーゼに献名した。純真無垢なイメージから。

8月21日の誕生花:松葉牡丹(まつばぼたん)


8月21日の花言葉:「無邪気」
線状の葉が松葉に、花がボタンに似ていることから松葉牡丹とされる。小さなボタンが小さく無邪気な子供を思わせることから。

8月22日の誕生花:下野草


8月22日の花言葉:「努力」
多年草で、日本には数種類自生している。ひっそりとしっかりと咲いていく様から。

8月23日の誕生花:菩提樹(ぼだいじゅ)


8月23日の花言葉:「夫婦愛」
臨済宗の開祖栄西が中国から持ち帰ったとされる。ギリシア神話の神々の王ゼウスに仕えたフィレモンとバウキスという老夫婦が死によって離ればなれになるのをおそれ、フィレモンはカシの木にバウキスは菩提樹に変わり永久に仲良く過ごしたとされることから。

8月24日の誕生花:きんせんか


8月24日の花言葉:「恋人」
ローマ皇帝の象徴でもあったとされる花。またギリシャ神話で、水の精(ニンフ)クリティは太陽神アポロンに恋をしたが、アポロンにはすでに恋仲の人(レウトコエ王女)がおり、それをねたんだクリティが王女の父に密告し娘のレウトコエは生き埋めにされました。その後、自らを恥じたクリティは、9日間地面に座ったまま空をすぎるアポロンをみつめ、そのままキンセンカに姿を変えてしまったといいます。そのような神話があります。

8月25日の誕生花:アンスリウム


8月25日の花言葉:「情熱」
尻尾のように突き出た肉穂花序の姿。ハート形で熱帯の鮮やかな色彩を持つことから。

8月26日の誕生花:酔仙翁(フランネル草)


8月26日の花言葉:「強固」
枝分かれした先端に一輪づつ花を咲かせる。分かれた茎にきれいな花を咲かせる芯の強さのイメージから。

8月27日の誕生花:ほうせんか(鳳仙花)


8月27日の花言葉:「私に触れないで」
「鳳凰(ほうおう)」が羽ばたく姿に見立てられた。ギリシャ神話の中で無実を晴らすために犠牲になった女神がホウセンカになったとされる。

8月28日の誕生花:千日紅


8月28日の花言葉:「永遠の命」
百日咲き続けるといわれるサルスベリ(百日紅)よりも長く咲くことから長寿の意味をこめて。

8月29日の誕生花:花煙草(はなたばこ)


8月29日の花言葉:「君がいれば淋しくはない」「孤独な愛」
「君がいれば淋しくはない」と「孤独な愛」という花言葉があり、相反する気持ちを伝える花言葉。

8月30日の誕生花:ささうちわ(スパティフィラム)


8月30日の花言葉:「上品な淑女」
白く凛とした立ち姿で長い間咲き続けることから、上品な淑女のイメージに。

8月31日の誕生花:ハイビスカス・ぶっそうげ(China rose)


8月31日の花言葉:「繊細な美」
赤色:常に新しい美/勇敢、白色:艶美/繊細な美、ピンク色:華やかとなります。花が1日しか咲かず、次々に新しい花を咲かせ続けせることから繊細な散る美と新しく咲き誇る様が花言葉になっている。

まとめ:8月の花々を楽しみましょう!

まだまだ暑い8月ですが、お盆過ぎくらいから少し秋の気配も感じますよね。

夏真っ盛りから少し秋の気配へ・・・。

夏の花々から秋の花への変化も楽しみたいですね♪

【PR】気軽に季節の花のある暮らしを楽しみませんか?【ポストに届くお花の定期便】