2000年以降、地球温暖化が進んだためか・・大雨や豪雨、台風の巨大化などで河川の氾濫や土砂崩れ、道路の水没等々の甚大な水害が相次いでいます。

地震や火山の噴火などもともと自然災害が多い日本。

それ加えて水害のリスクも河川近くに住んでいる方だけでなく、都市部に住んでいる方にも影響が大きくなっています。

春から夏、秋にかけて、急な大雨豪雨、台風の巨大化による風水害に充分警戒して、自分たちでできる最大限の対策をしておきましょう!

風水害のリスクをハザードマップで事前に把握する

近年、日本国内では温暖化等の影響により河川の氾濫や洪水、台風の大型化、長時間の大雨や豪雨、局所的に発生する豪雨や大雨による土砂崩れ、土砂災害・水害が増えています。

こちらでは特に春から夏、秋にかけて発生しやすい大雨、洪水、台風等の災害対策や避難の準備についてまとめています。

避難場所の確認、避難グッズの準備、大雨や台風等の被害リスクの想定、正しいニュースや情報のチェック先などをまとめていますので、是非チェックされてみてくださいませm(_ _)m

防災・災害時の避難について

大雨、台風、豪雨時の避難についての心構え、備え、避難施設については「国土交通省」や「内閣首相官邸」、各都道府県や市区町村のホームページで公開されています。

普段からお住まい地域の避難場所や避難経路等をチェックしておきましょう!!

国土交通省 防災ポータル
首相官邸 災害に対するご家庭での備え
内閣官房 避難施設
各地域の渋滞情報、通行止め情報
全国の都道府県自治体ホームページ

全国各地のハザードマップ

お住まい地域のハザードマップ、災害が想定されているエリアは下記のホームページで確認できます。

お住まい地域の市区町村役場、都道府県ホームページでも最新版のハザードマップが公開されていますので、是非チェックされてみてください。

また、全国各地の大雨・豪雨・台風等による河川の氾濫、水害等での浸水シミュレーション情報も公開されています。

予めお住まいの地域、エリアが浸水のリスクがある場所か?をチェックしておきましょう。

全国 ハザードマップ
地点別浸水シュミュレーションのサイト
河川・ダム等の現在状況の確認

全国の主要河川水位をライブで確認できるライブカメラ一覧は↓コチラ↓でまとめています。

>> 全国の主要河川水位・河川ライブカメラ

気象情報アプリ&サイト

最新の気象情報、大雨予想、台風の進路の入手先をご紹介します。
災害時には正確な情報源が大事です。

下記の気象情報アプリ、ホームページを参考にされてください。
また、ラジオでのニュース等も確認できるように、ラジオ機器等を避難グッズに入れておきましょう。

ヤフー 天気・災害
ウェザーニュース
気象庁
アメリカ軍(米軍)台風の予想進路

くれぐれも個人のSNSフェイク情報、デマ情報に注意しましょう。
災害時、避難時はできるだけ、公的機関の情報を正確に入手しましょう。

おすすめの避難グッズ

災害時の避難は多く見積もって3日程度を想定しておくと良いようです。

家族が多い方、高齢者の方、乳幼児がいる方は大変だと思いますが、できるだけ必要なものを厳選して準備しておきましょう。

おすすめの避難グッズはこちら↓

>> 楽天市場内の避難グッズ一覧

・非常用持ち出しバッグの内容の例(人数分用意しましょう)
・飲料水、食料品(カップめん、缶詰、ビスケット、チョコレートなど)
・貴重品(預金通帳、印鑑、現金、健康保険証など)
・救急用品(ばんそうこう、包帯、消毒液、常備薬など)
・ヘルメット、防災ずきん、マスク、軍手
・懐中電灯、携帯ラジオ、予備電池、携帯電話の充電器
・衣類、下着、毛布、タオル
・洗面用具、使い捨てカイロ、ウェットティッシュ、携帯トイレ
等々

※乳児のいるご家庭は、ミルク・紙おむつ・ほ乳びんなども用意しておきましょう。

停電対策としてポータブル電源・モバイルバッテリーも準備しておこう!

避難の際は、スマホや携帯を必ず持っていくだけでなく、充電の手段も確保しておくことが大事です。

↑上記のような手回しで「スマホの充電」「ライト」「ラジオ」を利用できます。
最近ではソーラー充電にも対応した避難用の手回しアイテムも増えていますね。
一家に一台の必需品だと思ってます。

また、風水害で発生しがちな「停電」対策には小型のポータブル電源・モバイルバッテリーも役立ちます。

避難するより自宅で待機するほうが安全な場合がありますが、風水害時には停電の可能性が高くなります。

スマホやパソコン、ちょっとした電気を使う家電ならポータブル電源で対応できます。

ポータブルバッテリー(電源)・発電機の一覧はコチラ

↑避難時の電源確保だけでなく、キャンプや車中泊の際の電源確保でも人気がでています!

家族と連絡を取る方法と避難後に集合する場所を決めておく

学校、職場、自宅、買い物中などに地震等が発生した場合、それぞれの避難場所を把握するだけでなく、災害が落ち着いた後の連絡手段と自宅とそれ以外の集合場所を家族で話し合っておきましょう。

例えば・・

・自宅
・自宅近く指定の避難場所(公園、学校、高台)
・学校や職場近くの避難場所(公園、学校、高台)

のいずれかに逃げているとわかっていれば、それぞれで避難をしていても安心できます。

また、家族への連絡手段も決めておきましょう。

家族の携帯電話を記憶しておく、知人にスマホを借りて電話やLINEで安否を確認するなども大事です。

また、災害時の伝言板的なサービスもありますので、そちらも確認しておきましょう。

スマホを持って避難出来ないことも考えられますので、まずは避難場所を決めておき、その上で連絡手段を決めましょう。

まとめ

災害大国日本。

特に2000年以降、夏は酷暑・冬は急な寒さや大雪など極端な温度の変動に伴って水害の影響が大きくなっている気がします。

日本のどこにいても、地震だけでなく大雨や台風などの風水害による被害回避、避難の準備やハザードマップの把握が大事な時代になってきましたね。

自分と大切な人を守るためにも、風水害、地震などの天災・災害にはできるだけの備えをしておきましょう!