ドラッカーの名言をご紹介します。


参照)ドラッカー日本公式サイト

ピーター・ファーディナンド・ドラッカーは、経営、ビジネスの世界においてマーケティングの父と称される方です。

ドラッカーは、あらゆる組織は社会の機関として位置づけています。

組織は、社会やコミュニティ、個人のニーズを満たすというミッション(使命)を達成し、その成果を上げるために存在するという考えです。

そのために組織の内外でマーケティングとイノベーションを機能させていくことを推奨しています。

わかりやすい組織運営と、行動倫理、行動目的がドラッカーの言葉にはありますよ!

 


 

真のマーケティングは顧客から出発する。
すなわち人間、現実、欲求、価値から出発する。

 


 

組織の活動というのは「いかに世の中に貢献していくか」という一点に集約される。

 


 

予期せぬ成功はマネジメントに対する挑戦である。

 


 

変化はコントロールできない。
できることは、その先頭にたつことだけである。

 


 

ビジネスの目的の正当な定義はただひとつ。
顧客を創り出すことである。

 


 

コミットメント(責務)なしでは、単に約束と希望があるだけで、そこに計画はない。

 


 

経営者と知識労働者にとって唯一のツールは情報である。

 


 

「責任」は同時に「権限」を意味する。
一方があって他方がないということはありえない。

 


 

いかなる成果もあげられない人の方がよく働いている。
成果の上がらない人は
第一にひとつの仕事に必要な時間を過小評価する。
第二に彼らは急ごうとする。
第三に彼らは同時にいくつかのことをしようとする。

 


 

昨日を守ること、すなわちイノベーションを行わないことのほうが明日をつくることよりも大きなリスクを伴う。

 


 

明日のエグゼクティブが学びべき3つの重要な事柄は
1・自分で自分の面倒がみれること
2・部下のマネジメントではなく、上司のマネジメントをすること
3・経営の基本を広く着実に身につけること

 


 

自らの果たすべき貢献は何かという問いからスタートするとき、人は自由となる。
責任をもつがゆえに、自由となる。

 


 

上司を過大評価することはあってもいいが、決して過小評価するな。

 


 

人間にとって成長、発展とは、何に対して貢献すべきかを自らが決定できるようになることである。

 


 

働く人たちの姿勢は、何にもまして経営管理者の行動を反映する。
彼らの姿勢は、経営管理者の能力と構造を写す。

 


 

成果を上げる人の共通点は、行わなければいけない事を、しっかり行っているというだけである

 


 

成し遂げたいことに必要な条件を、明確に把握すればするほど、達成される確立は高まっていく。

 


 

まず、やりたいを決め、次に何に集中すべきかを決めなさい。

 


 

傲ってはいけません。企業は、社会によって存在させてもらっている存在なのです。

 


 

最も重要なことから始めなさい。

 


 

寝床につくときに翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である。

 


 

不得手なことの改善にあまり時間を使ってはならない。
自らの強みに集中すべきである。
無能を並の水準にするには、一流を超一流にするよりも、はるか多くのエネルギーと努力を必要とする。

我々が行動可能なのは現在であり、また未来のみである。

 


 

21世紀に重要視される唯一のスキルは、新しいものを学ぶスキルである。
それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく。

 


 

いまさら自分を変えようとしてはならない。
そんなのはうなくいくわけがない。
自分の得意とする仕事のやり方を向上させることに力を入れるべきである。
人の卓越性は、ひとつの分野、あるいはまずかの分野においてのみ、実現されるのである。

教養ある人間は、勉強し続けなければならないということを自覚している。

 


 

事業を行うときは、次の4つの条件を満たしておかなければならない。
まず経営環境、使命、強みが現実と一致していること。
そして、それらの条件が互いに合致していること。
そして、周知徹底されなければならない。
さらに、たえず検証されなければならない。

 


 

一番重要なのは今ある人材と資産で何ができるかを考えることである。

 


 

成功する人間に必要な生まれつきの能力などありはしない。
ただ、あなたが成し遂げたいことに、必要な能力だけを身につければいいのだ。

 


 

組織は常に、進化していなくてはならない。

 


 

これまでの実績など捨てなさい。自分の強みを過信したものは、生き残れません。

 


 

生産性を上げる一番簡単な方法は、今、一番成果が出ている仕事に集中し、成果がでていない仕事からは、撤退してしまうことである。

 


 

マーケティングの理想は販売を不要にすることである。
つまり、製品がおのずから売れるようにすることである。

 


 

市場において目指すべき地位は、最大ではなく、最適である。

 


 

現状を把握しなければ、未来は語れない。

 


 

人間は自らが望む未来の大きさに合わせて成長する。

 


 

何かを成し遂げるためには、そのことをしか考えられないという「狂い」が必要となる。

 


 

全力を注がなければ、あなたに未来はない。

 


 

成功する人に共通しているのは、ひたすらひとつの事に集中しているという点である。
彼らは自分にとって一番重要なことだけに力を集中し、それが終わるまで他のことには一切手を出さない。

 


 

すべての偉大な成功は、地味で面倒なことの積み重ねの上に成り立っている。

 


 

複雑なものというのは、大抵うまくいかない。

 


 

優れた者ほど、間違いは多い。
それだけ新しいことを試みるからである。

 


 

仕事のやり方を変えるのではなく、仕事の意味を考えなさい。

 


 

基本と原則に則っていないものは、かならず破綻する。

 


 

成果をあげるための秘訣をひとつだけ挙げるとならば、それは集中である。

 


 

イノベーションを成功するためには、小さくスタートしなければならない。
大掛かりであってはならない。
具体的なことだけに絞らなければならない。

 


 

他人の短所が目につきすぎる人は、経営者には向いていない。
長所を効果的に発揮させるのが自分の仕事だと考える人が、有能な経営者になれる。

 


 

時間を管理するためには、まず自らの時間をどのように使っているかを知らなければならない。

 


 

私の観察によれば、成果をあげる者は仕事からスタートしない。
時間からスタートする。計画からもスタートしない。何に時間がとられているかを明らかにすることからスタートする。
次に、時間を管理すべく自らの時間を奪おうとする非生産的な要素を退ける。

 


 

過去のリーダーの仕事は「命じること」だが、未来のリーダーのしごとは「聞くこと」が重要になる。

 


 

業績を上げる最大のカギは責任感である。

 


 

時間は最も乏しい資源であり、それが管理できなければ他の何事も管理することはできない。

 


 

成果をあげる道は、尊敬すべき上司、成功している上司を真似することではない。
たとえ私の本であっても、そこに載っているプログラムに従うことではない。
指紋のように自らに固有の強みを発揮しなければ成果をあげることはできない。