幕末の英雄たちを産み出した吉田松陰の名言をご紹介します。

 


参照)松陰神社

幕末、明治維新の英雄たちに大きな影響を及ぼした吉田松陰の名言には、身体中の血潮がうごめくような熱があります。

吉田松陰の教育、言葉により幕末の維新回天の英雄たちは育っていきました。

今、ほとばしる情熱で行動したい、何か大きい夢を見つけて頑張りたい!という方に吉田松陰の名言がおすすめです。

 


 

志を立てて以て万事の源と為す。

 


 

夢なき者に理想なし
理想なき者に計画なし
計画なき者に実行なし
実行なき者に成功なし。

故に、夢なき者に成功なし。

 


 

至誠にして動かざるものは、未だこれあらざるなり。

 



学問の上で大いに忌むべきは、したり止めたりである。
したり、止めたりであれば、ついに成就することはない。
※やったりやめたりすれば、何も身につかない。

 


 

何もせずに機会を失ってしまうのは、人の罪である。

 


 

悔いるよりも、今日直ちに決意して、仕事を始め技術を試すべきである。
何も着手に年齢の早い晩いは問題にならない。

 


 

どんな人間でも一つや二つ素晴らしい能力を持っているのである。
その素晴らしいところを大切に育てていけば、一人前の人間になる。
これこそが人を大切にするうえで最も大事なことだ。

 


 

君子は何ごとに臨んでも、それが道理に合っているか否かと考えて、その上で行動する。
小人は何事に臨んでも、それが利益になるか否かと考えて、その上で行動する。

 


 

自分の価値観で人を責めない。
一つの失敗で全て否定しない。
長所をみて短所をみない。
心を見て結果を見ない。
そうすれば人は必ず集まってくる。

 


 

大事なことを任された者は、才能を頼みとするようでは駄目である。
知識を頼みとするようでも駄目である。
必ず志を立てて、やる気を出し努力することによって上手くいくのである。

 


 

みだりに人の師となるべからず。
みだりに人を師とすべからず。

 


 

人間には精気というものがあり、人それぞれに精気の量は決まっている。
この精気なるものは抑制すべきである。
抑制すればやがて溢出する力が大きく、ついに人間、狂にいたる。

しかし、おのれの欲望を解放することによって、固有の気が衰え、ついに惰になり、物事を常識で考える人間になってしまう。
※性欲、精力のコントロールについての解釈にもなります。

 


 

武士の心壊はいかに逆境に遭おうとも、爽快でなければならぬ。
心壊爽快ならば人間やつれることはない。

 


 

教えるの語源は「愛しむ」。
誰にも得手不得手がある、絶対に人を見捨てるようなことをしてはいけない。

 


 

仁とは人間にそなわった人を思いやる心である。
鳥や獣には仁がない。
仁がなければ人間ではなく、鳥や獣に近いものになってしまう。
従って、仁が備わった人間としての行動こそが人の道ということができる。