スティーブン・コヴィーの名言をご紹介します。

引用)7つの習慣公式サイト

スティーブン・コヴィーの名著といえば「7つの習慣」です。

「7つの習慣」は世界的ベストセラーになりました。

真の成功は人格を育てるところから始まる。」という概念のもと、人生をの成功は「7つの習慣」によると定義しました。

その7つは後ほど紹介しますが、私が感じたのは「東洋哲学的」であると感じたことです。そうしても西洋のビジネス書は数字や売上、物質的成功の説明が多いです。

金持ち父さん、とかそんな感じの本ですね。

ですが、「7つの習慣」は、本当の成功は、人格の形成からなるというステップになってます。まず自分の内的な面を成長させることが大事だと私は感じました。

当たり前といえば、当たり前なのですが、人としてどう生きるか?

これの問いに答えられる人が物心ともに成功する人なのだと気づかせてくれる本でした!

といっても、実際には↑コチラのようなマンガ版の「7つの習慣」のほうがわかりやすかったですけどね♪


7つの習慣の概要

■主体的である。
自分の人生は自分の選択を積み重ねた結果である。
行動は周りの状況ではなく自分自身の決定と選択の結果。

■終わりを思い描くことから始める。
全てのものは2度作られる。
万物にはまず人の頭の中で知的にものが作られ、それから実際に物的にそのものが作られる。

■最優先事項を優先する
緊急度ではなく重要度を優先する。

■Win-Winを考える
・自分も勝ち、相手も勝つという考えか。
・当事者全員が望ましい結果を得て、満足できる状態を目指すこと。

■まず理解に徹し、そして理解される
・一番努力しなければならない人は話し手ではなく、聞き手である。

■相乗効果を創り出す
・今まで存在しなかった新しい勝ちを創り出す力
・相乗効果とは誰かの案でもあなたの案でもなく全く新しい「第3の案」を求めることです。1+1が3以上になるようにお互いが満足できるような解決策を打ち出すことが相乗効果です。

■4つの側面を磨く
肉体、精神、知性、社会・情緒
という4つの側面があります。
リーダーにせよ、育成担当者にせよ、部下やメンバーを育てようとするならば、この4つにうまく働きかけなければいけません。

 


真の成功は人格を育てるところから始まる。


本当の安定とは財産を持つことではなく、財産を創り出す能力を持つことである。
つまり、外的なものでなく内的なものなのである。


与える人がもっとも豊かになれる。


本当に見事な樹木を育てるには根や幹を強くすること。


まず必要なのは「主体的であること」
ささいな行動でも感情的な反応に身を委ねたり、受け身で行動するのではなく、自分で振る舞いを選択すること。



与えられた環境でどう振る舞うかでしか、人間は前に進むことはできない。


近道を探すことは結局、落胆とフラストレーションをもたらすだけである。


あなたはどんな状況下でも、自分がどう影響されるかを自分で選択することができる。
あなたの起きた出来事あるいは受けた刺激と、それに対するあなたの反応との間には、あなたの自由、すなわち反応を選択する能力が存在しているのだ。


私たちが目標を達成するには二つしか方法がない。
時間を投入して自分で実行するか、他の人に仕事を任せるかのどちらかである。
自分で時間を投入する場合は能率を考え、人に任せる場合は効果を考えるべきである。


最大のリスクは、リスクのない人生を送るリスクである。


苦しみや難しい状況を克服した人の生きざまほど心の琴線にふれるものはない。


人間関係において効果的なコミュニケーションを図りたければ、テクニックだけではだめなのだ。信頼を築き、相手が本音で話せるような人格の土台の上に、感情移入の傾聴のスキルを積み上げていかなければならない。


多くの人は誰かが助けてくれることや、何かが起こることを待っているだけだ。
しかし、最終的に良い仕事につけるのは、主体的に問題解決に貢献している人だけなのである。
こうした人たちは、正しい原則の範囲内で「望む結果を達成するのに必要なことは何でもする」という率先力を持っている。


ビジネスの世界では、市場の激しい変化に伴い、数年前のヒット商品がいまでは全く売れないというのが常である。敏感に環境の変化を捉え、正しい方向に資源を注ぐためには、強力かつ主体的なリーダーシップを発揮しなければならない。


リーダーシップを発揮するためには、主に右脳を活用することになる。
それは技術というより芸術であり、科学というより哲学である。

自らに対してリーダーシップを発揮するためには、自分自身の人生にとって最も大切な究極の問いかけをしなければならない。


主体的な人は、自分の天気を持ち合わせている。
雨が降ろうが陽が照ろうが関係ない。
彼らの行動は価値観に導かれており、質の高い仕事をする価値観を持っていれば、天気がどうあろうと関係ない。


現在必要とされているのは道路地図よりも、はっきりとしたビジョン、あるいは目的地、そしてコンパスなのである。
なぜなら、全方の地勢が激しく変わっているため、どう進めばいいのかわからなくなることが多いからだ。新しい問題にぶつかったとき、その場で素早く判断しなければならない。
そのとき正しい方向性を示してくれるのは、自分の心のコンパスだけなのである。


問題は自分の外にあると考えるならば
その考えこそが問題である。


自分自身の内面を変えることからすべてが始まる。


目標に向かって努力するプロセスで壁にぶつかったとき、信念がなければ乗り越えることはできません。


成功者たちの共通点は成功していない人たちの嫌がることを、実行に移す習慣を見につけているということである。


大切なのは、何が起こったか、ではありません。
起こった出来事に対して、どう受け止めて行動したか、ということなのです。


効果的な目標設定とは、活動や手段よりも、最後に到達する結果の方に重点を置くものだ。


人は変わらざる中心がなければ、変化に耐えることができない。
変化に対応する能力を高めるには、自分は誰なのか、何を大切にしているのかを明確に意識することである。


素人は商品を売り、プロはニーズや問題に対する解決を売っている。


効果的な運動に要求される時間とは、一週間のうち3時間から6時間。
1日おきに30分費やせばいいのである。
こんなに効率の良い投資はない。


自分の考え、経験、思いつき、学んだことなどを記録として日記につけることは知力の明瞭性、正確さなどを向上させるだろう。
手紙を書くことも、自分の考えを明確に伝え、論理を展開し、相手に深く理解してもらう表現力を高めるのに役に立つことだろう。