明石家さんまさんの名言集をご紹介します。

 

お笑いという哲学にもっとも厳しいお笑いモンスター!

名言、格言もとても多いですよね、さんまさんは。


生きてるだけで丸儲け。


不安からは何も生まれない。
続ければ必ず良くなる。


おれは、人に好かれたい病やねん。


俺は、絶対落ち込まないのよ。落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。
過大評価しているからうまくいかなくて落ち込むのよ。人間なんて、今日できたこと・やったことがすべてやねん。


ワクワクして死にたいね
花鳥風月を拒否る(笑)


やろうとすれば出来んねん、人間みたいなもんは


追い詰められなきゃダメなんですよ、なんでも仕事は。
ゆっくりやるとロクなことないですね。


俺は幸せな人を感動させたいんやなくて、泣いてる人を笑わせて幸せにしたいんや。
これが俺の笑いの哲学や。


暗い人がちょっとでも笑うように、なるべく俺が出てる限り明るい画面を、お届けしたいという、そういうポリシーで生きてるから


勝ち負けは「努力」の要素だけで左右されるほど甘いもんやない思うんですわ。
特に超一流の世界ではね。


やさしさを持った人は、それ以上の悲しみを持っている


お前はホント、自分のうまさにつまずくタイプなんやろね。
得意なものにつまずくからなぁ、全員。


落ち込みやすい体質とは感謝の足りない姿勢が原因。


お笑いっていうのは結局、緊張と緩和しかないんで。


笑顔になるから、楽しい出来事が怒るように成る。


楽しくないものをどうすれば楽しいか、ということを考えていくと楽しいんです。


オレは何言われても平気。ひがんどると思うもん。


人間、どんなに沈んでいても笑うんです。


嫌なまま、ダメなまま過ごす方が楽しいと考えろって言うてんのにやな。
嫌なこと楽しいと思えたら、あと何があっても平気やねん。


なんでも打ち明けられる親友はいる?
おれ、だいたいの人になんでも打ち明けられんねや。
おれからしたら、全員親友。うん。
隠し事はせえへんから。初対面の人でも。


やっぱり地獄見たやつは強いのよ。
死んでたかもわからない、もう芸能界に残れないかもしれない、っていうやつが這い上がってくるとねぇ、やっぱり強いねん。
その、面白い面白くないは別として、強いねん。
それがおまえよかったな、逆に。
※千原ジュニアに対して。


もう沈む船とわかってても乗らなきゃいけないときも来るのよ。
「この企画でお願いします」って。昔おれのこと助けてくれた人が持ってきた場合、「ああ、この船沈むな」と思っても乗らなあかんときが。
そういうときに人として、大声すると思うな、おれは。
ええ話やろ(笑)


努力は必ず報われると思う人はダメですね。
努力を努力だと思っている人は大体間違い。好きだからやってるだけよ、で終わっといた方がええね。これが報われるんだと思うと良くない。
報われると思ってやっちゃいけない。
好きだからやってると思うくらいでやったほうがいい。
こんだけ努力しているのに「何で」ってなると腹が立つやろ。
人は見返り求めるとろくなことないからね。
見返りなしでできる人が一番素敵な人やね。
頑張ってどうにかなるものではないよね。



ダメになったときの、人の手のひらの返し方とかを目の当たりにするんですよ。
いいのが続くわけないですから。
ダメなときもあるんです。
もう本当にギャンブルの「流れ」はね、お笑い芸人の人生にはかなり役に立つ。
もう、それはね、いってみれば
「ダメなときにどう止めるか」
これだけなんですよ。負け分をどうおさえるか。そこはもうテクニンクもあるし、計算もあるんですけど。


やっぱり「あかん」というときはなにをやってもダメなんです。
そういうときには、打たせなきゃいけない。わざと打たせたら、耐えられるんですよ。
ところが「オレは大丈夫だ」と思って、行って打たれると、効くんですね。

※モハメッド・アリが「わざと打たせたボディは効かないんだ」といったことに対して。


腹が立つことはありますか?という質問に対して。
ないないない。人に対して嫉妬心がないから。
自分も過信してないし。なんやねんこいつと思うことはあるけど、すぐ「こいつアホやねんな」と思う。人に腹立たす奴ってアホ。人に怒らす奴ってアホ。

別な答えでは

立たない立たない。腹を立てる器でもない。
そんなに偉くない。腹たって怒りたい人は偉いと思っているんじゃないの、自分のこと。



現場に来たらやな、あれやけども。
俺ら勝手に背負ってるやんか、勝手に。
なんにも背負えって言われてないのに、勝手になんかスタッフの家族まで背負ってたりとか。
だから、そういうのがあるから、疲れるな。
事務所もあるし、その従業員の人もいらっしゃるし。
ここでやめたら、この人どうして食べて行きはんねんやろ、とか。


 

どん底も知っている!さんまさんの人生とは?

さんまさんの幼少期は親の事業の失敗で和歌山県を追われ奈良県に移住したり、三歳の時に実母が病死するなど波乱の日々だったようです。

その後、父親は再婚するも継母はさんまさんを無視するようになてっても、毎日を明るく笑いのある日々に変えようとしたいたとされています。
※実のお兄さんと二段ベッドで泣きながら過ごしていたそうです。

 

その再婚相手の弟とはとても仲がよく、さんまさんのことを尊敬してくれており、さんまさん本人も可愛がっていたようですが、さんまさんが28歳、弟さんが19歳のときに焼死されたようです。

 

また、人気プロデューサーの菅賢治さんの書籍によると、さんまさんが3歳のとき亡くなったお母様のお葬式の際、飼ってい犬に噛まれた傷跡を旅行の際にみせてくれたそうです。

 

さんまさんいわく、母親の記憶はまったくないけど、母親の葬式の日に、飼っていた犬に噛まれたのだけはよく覚えてるんよ。ふだんおとなしい犬で、一度も噛んだことあらへんのに、はじめて咬んだ傷が、いまでも残っとるんよ。
なんか母親が「私を忘れないで」って残してくれたような気がして・・・

と、自然体で話ししてくれたそうです。

 

菅さんはさんまさんも「悲しみ」を心に抱えていても、いつもあんなに明るく生きている人なんだ・・・と前より一層さんまさんのことが好きになったと書いています。

 

ちなみに・・・37歳で8億の借金も背負ってます。
しゃべるか、死ぬか・・・、そういう時もあったようですよ(´Д⊂ヽ

ほんとに波乱万丈な人生ですね、だからこそ明るいパワーがあるのでしょうね!