坂本龍馬の名言集をご紹介します。

実際の名言も多い坂本龍馬ですが、実際は司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」の中の言葉が多いのも事実です。

それでも心が震えたり、沸き立つものがあれば・・・それはそれで良し!ということでご紹介させていただきます。


日本を今一度せんたくいたし申し候


世の人は我を何とも言わば言え
我が成すことは我のみぞ知る


事は十中八九まで自らこれを行い
残り一、二を他に譲りて功をなさむべし


恥といふことを打ち捨てて
世のことは成るべし


何の志もなきところに
ぐずぐずして日を送るは
実に大馬鹿者なり


万事、見にゃわからん。


俺は着実に物事を
一つずつ築き上げてゆく。
現実に合わぬことはやらぬ。


奇策とは百に一つも用うべきではない。
九十九まで正攻法で押し
あとの一つで奇策を用いれば
みごとに効く。
奇策とはそういう種類のものである。


金よりも大事なものに評判というものがある。
世間で大仕事をなすのにこれほど大事なものはない。
金なんぞは、評判のあるところに自然と集まってくるさ。


暗ければ民はついて来ぬ。


今は力を培養するときだ。
その時期を辛抱できぬのは男ではない。


何でも思い切ってやってみることですよ。
どっちに転んだって人間、野辺の石ころ同様、骨となって一生を終えるのだから。


人の世に道は一つということはない。
道は百も千も万もある。


財政の独立なくしては、思想の独立もなく、行動の自由もない。


人間というものは、いかなる場合でも、好きな道、得手の道を捨ててはならない。


志さえ持てば、前身がなんであろうとかわまぬことだ。


人間、不人気では何もできませんな。
いかに正義を行おうと、ことごとく悪意にとられ、ついにはみずから事を捨てざるをえなくなります。


人の世に失敗ちゅうことはありゃせんぞ。

おれは落胆するよりも、次の策を考えるほうの人間だ。


男は喧嘩をするときには断乎喧嘩をするという第勇猛心をもっておらねば、

いかに各論卓説を口にしていても、ひとは少才子としてかみてくれぬぞ。


男はどんなくだらぬ事でも死ねるぞという自信があってこそ、

大事を成し遂げられるものだ。


人の運命は九割は自分の不明による罪だ。


生きるも死ぬも物の一表現に過ぎぬ。
いちいちかかずらわっておれるものか。
人間、事を成すか成さぬかだけを考えておればよい。


四、五十人も人数が集まれば一人くらいは異論者はいる。
いるのが当然でもある。
その一人ぐらいの異論を同化できぬ己を恥じろ。


人よりも一尺高くから物事を見れば、道はつねに幾通りもある。

 

坂本龍馬の多くの名言は「竜馬がゆく」からでている

現在多くある坂本龍馬の多くの名言は司馬遼太郎さんの「竜馬がゆく」から引用です。

実際にそのような意味の発言や言葉があったことが現実としてあると思うのですが、小説の中での龍馬に、現代にわかりやすく、老若男女問わず心身を熱くする名言をださせています。

落ち込んだとき、頑張りたいとき、純粋に楽しみたいとき、もやもやした状態の時・・・どんなときでも「竜馬がゆく」の坂本龍馬が明るく、元気に、たまにダメっぷりを発揮しながら、真剣に応援してくれます。