アルベルト・アインシュタインの名言集をご紹介しています。

 

 

・過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望を持つ。


・自分自身のことについて誠実でない人間は、他人から重んじられる資格はない。


・天才とは努力する凡才である。


・成功者になろうとするのではなく、むしろ価値のある人間になろうとしなさい。


・同じことを繰り返しながら、違う結果を望むこと、それを狂気という。


・何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。


・大切なのは、自問自答し続けることである。


・シンプルで控えめな生き方が、だれにとっても、体にも、心にも、最善であると信じています。


・宗教なき科学は不完全であり、科学なき宗教は盲目である。


・空想は知識より重要である。知識には限界がある。想像力は世界を包み込む。


・挫折を経験したことがない者は、何も新しい事に挑戦したことがないということだ。


・真実とは、経験という試練に耐えうるもののことである。


・人生とは自転車のようなものだ。倒れないようにするには走らなければならない。


・誰かの為に生きてこそ、人生には価値がある。


・愛は、義務よりよい教師である。


・私には特別な才能はない。ただ、ものすごく好奇心が強いだけ。


・人生には、2つの道しかない。一つは、奇跡などまったく存在しないようかのように生きること。もう一つは、すべてが奇跡であるかのように生きることだ。


・人の価値とは、その人が得たものでなく、その人が与えたもので測られる。


・すべての宗教、芸術、科学は、同じ一つの木の枝である。


 

>> アルベルト・アインシュタインのウィキペディア