引っ越しに良い日、吉日っていつなの?良い日の選び方ってあるの?風水で引っ越しに良い日や方向がわかるの?という方は多いと思います。

やはり引っ越しは新しい門出ですから今後のことを考えれば、すごく良い門出の日にしたいのは当然です。ということで、コチラでは引っ越しするのにおすすめの良い日、吉日をご紹介しています。

引っ越しに良い日・吉日

引っ越しに良い日、吉日とされている日は「天赦日」「一粒万倍日」「大安」になります。
この日はカレンダー等で誰でもすぐに検索できます。演技が良いとされている日を選びたい方は「天赦日」「一粒万倍日」「大安」を選ぶと良いですよ(・∀・)

天赦日


百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日とされています。一年を通じて5~6日しかない日です。

一粒万倍日


一粒のモミでも蒔いておけば、万倍の実りを得る意味で、良い方向の行いをすれば万倍になって戻ってくる吉日です。
新しい門出にふさわしい日ともいえます。

大安


陰陽道で、引越し、旅行、結婚、祝い事など万事によいとされる日です。

六曜の内容

カレンダーに掲載されている最もポピュラーな日取りといえば「六曜」ですね。
「六曜」の内容もいろいろですので、参考にされてください。

大安 万事に良い大吉の日、吉日。何事も成功する日。婚礼によいとされる。引越しの日取りとしても人気の縁起のいい日、吉日といわれることが多い。
友引 朝、夕が吉日とされ、昼の時間が凶といわれている。葬儀などは避けるのが一般的。何事も引き分けで勝負がつかない日とされる。大安がダメなら友引でお願いする方もいる。
先勝 午前が吉、午後は凶ともいわれる。午前中に終わるなら先勝という方もいます。
先んずることで幸運を勝ち取り、積極的に出て、急ぐことが良い日とされる。
先負 午前は凶、午後は吉ともいわれる。午前を避けるなら先負という方もいます。
何事も控えめにするのがよいとされ、急用や勝負事は避けるのがよい日とされる。
赤口 お昼前後の午の刻だけが吉で、朝夕は凶とされる。
祝い事は大凶とされる。
仏滅 勝負事、結婚、開店、移転、新しいことを始めるのはよくないといわれます。
しかしながら「仏滅」は、「空亡」「虚亡」という日で、「なくなるくらいゆっくりしましょう=休みましょう」という意味合いから変化して仏滅という言葉になりました。実際の意味合いは凶日ではないということも覚えておくとよいです。

引っ越しをする際、「仏滅」を避ける方が多いですが、考え方によっては引っ越し業者さんもスケジュールが空きやすい日取りですし、料金的にもお得になりやすいですし、引っ越しも落ち着いて作業してもらえるというメリットも多い日です。
考え方一つで「仏滅」を良い日、吉日に陽転できるのです(・∀・)

まとめ

引っ越しに良い日、吉日の選び方をご紹介しました。
他にも風水的に鑑定してもらうなどもあります。引っ越しの時期、日取り、場所、方位などを風水で調べる、鑑定する方法は別にご紹介してまいります!