日本には四季というわかりやすい春夏秋冬という季節を分ける言葉がありますが、それ以前に「二十四節気」という形で、時候、季節の変化がわかりやすい日を使って、おおよその予測をたてていました。実際、今でもお付き合いのある会社からもらう名入れカレンダーの暦には立春や夏至などが書いてありますね。

季節の変化を敏感に感じることで、心身の状態を整えて、仕事やプライベートも微調整をしていけます。
ざっくりですが、少しだけでも理解しておくとよいですよ♪お店や会社からもらう手帳、名入れカレンダーもこのような二十四節気や六曜、月の満ち欠けなどが載っていると、一年の流れがわかってうれしいですよね。コチラでは「二十四節気」の流れをまとめてご紹介しています!

旧月 二十四節気
1月節 立春
春の気立つを以って也。冬が極まり春の気配が立ち始める日。
新暦:2月4 – 5日
干支:寅(とら)
1月中 雨水
陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり。空から降るものが雪から雨に変わり、雪が溶け始めるころ。
新暦:2月18 – 19日
干支:寅(とら)
2月節 啓蟄(けいちつ)
冬籠りの虫が這い出るころ。
新暦:3月5 – 6日
干支:卯(う:うさぎ)
2月中 春分
昼の長さと夜の長さがほぼ等しくなる。太陽黄経が0度となったとき。
新暦:3月20 – 21日
干支:卯(う:うさぎ)
3月節 清明
万物がすがすがしく明るく美しいころ。万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり。
新暦:4月4 – 5日
干支:辰(たつ:龍)
3月中 穀雨
田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころ。春雨降りて百穀を生化すればなり。穀雨の終わりごろ(立夏直前)に八十八夜。
新暦:4月20 – 21日
干支:辰(たつ:龍)
4月節 立夏
春が極まり夏の気配が立ち始める日。夏の立つがゆへ也。
新暦:5月5 – 6日
干支:巳(み:蛇)
4月中 小満
万物が次第に成長して、一定の大きさに達して来るころ。万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る。
新暦:5月21 – 22日
干支:巳(み:蛇)
5月節 芒種
芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり。植物の種をまくころ。
新暦:6月5 – 6日
干支:午(うま:馬)
5月中 夏至
最も昼の時間が長い日。陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり。
新暦:6月21 – 22日
干支:午(うま:馬)
6月節 小暑
梅雨明けが近付き、暑さが本格的になるころ。大暑来れる前なればなり。
新暦7月7 – 8日
干支:未(ひつじ)
6月中 大暑
快晴が続き、気温が上がり続けるころ。暑気いたりつまりたるゆえんなればなり。夏の土用が大暑の数日前から始まり、大暑の間じゅう続く。
新暦:7月22 – 23日
干支:未(ひつじ)
7月節 立秋
夏が極まり秋の気配が立ち始める日。初めて秋の気立つがゆゑなれば也。
新暦:8月7 – 8日
干支:申(さる:猿)
7月中 処暑
暑さが峠を越えて後退し始めるころ。陽気とどまりて、初めて退きやまむとすれば也。二百十日・二百二十日とともに台風襲来の特異日。
新暦:8月23 – 24日
干支:申(さる:猿)
8月節 白露
大気が冷えてきて、露ができ始めるころ。陰気やうやく重りて、露にごりて白色となれば也。
新暦:9月7 – 8日
干支:酉(とり:鳥)
8月中 秋分
彼岸の中日。昼と夜の長さがほぼ等しい。国民の祝日の「秋分の日」。
新暦:9月23 – 24日
干支:酉(とり:鳥)
9月節 寒露
陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也。雁などの冬鳥が渡ってきて、菊が咲き始め、蟋蟀(こおろぎ)などが鳴き始めるころ。
新暦:10月8 – 9日
干支:戌(いぬ:犬)
9月中 霜降
露が冷気によって凍りそうになるころ。露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也。楓や蔦が紅葉し始めるころ。
新暦:10月23 – 24日
干支:戌(いぬ:犬)
10月節 立冬
秋が極まり冬の気配が立ち始める日。の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也。
新暦:11月7 – 8日
干支:亥(い:猪)
10月中 小雪
わずかながら雪が降り始めるころ。冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也。
新暦:11月22 – 23日
干支:亥(い:猪)
11月節 大雪
雪が激しく降り始めるころ。雪いよいよ降り重ねる折からなれば也。鰤などの冬の魚の漁が盛んになり、熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色付く。
新暦:12月7 – 8日
干支:子(ね:ねずみ)
10月中 冬至
一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也。
新暦:12月21 – 22日
干支:子(ね:ねずみ)
12月節 小寒
暦の上で寒さが最も厳しくなる時期の前半。冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也。
新暦:1月5 – 6日
干支:丑(うし:牛)
12月中 大寒
寒さが最も厳しくなるころ。冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也。
新暦:1月20 – 21日
干支:丑(うし:牛)